\ タイムセール /

家庭用防犯カメラのおすすめ5選!種類と選び方を解説【2022年版】

最近では窃盗犯や夜中の不審者など一般家庭に設置された防犯カメラの映像が「テレビ」でよく放送されるようになってきました。

これは防犯カメラだけでなく「ドライブレコーダー」でも同様にカメラの普及によりあおり運転被害、事故の瞬間など多くの映像が流れるようになってきました。

自分や家族を守るための「危機管理」が浸透きた結果です。

・空き巣被害
・盗難
・不法侵入
・ストーカー被害

などの犯罪が年々増える中、一般家庭でも防犯カメラを設置する人が増え、家庭用防犯カメラの需要も年々拡大しています。

犯罪を抑止する防犯カメラ、監視カメラが設置されているだけで「この家は防犯意識が高い」と泥棒は空き巣に入るのを諦める可能性が高くなります。

そんな家庭用防犯カメラは種類・価格共にいろいろでどれを選べばいいのか悩みますよね。

ここでは家庭用防犯カメラの種類と選び方、自分で取り付けができる低価格帯のおすすめの防犯カメラを紹介していきます。

目次

家庭用防犯カメラとは

家庭用として設置する防犯カメラは

・「自分で簡単DIYで取り付けできるもの」
・「プロにお願いしないと取り付けできないもの」

までさまざまなタイプは販売されています。

オフィスや大型店舗で見かける防犯カメラは価格も高く、取り付けも素人では難しい高性能の防犯カメラです。

価格帯で言えば防犯カメラ本体の価格、施工費を含めると数十万以上と高額です。

それと比較すると「家庭用防犯カメラ」の取り付け難易度は比較的簡単です。

性能面では多少劣るものの「防犯カメラ」としての性能はしっかりと備わっている高性能&高画質タイプで価格は5,000円~2万円の間で多くの機種が販売されています。

高額な出費を抑えて防犯カメラを設置したい人におすすめ

そこそこの性能や画質なら5,000円以下でも購入することができます。

家庭用防犯カメラのメリットはこの3つ

  • 取り付けが簡単
  • 価格が安い
  • 操作が簡単

価格が安いと

・性能が悪い
・画質が悪い
・使えない

イメージがありますがそんなことはありません。

よほど粗悪な商品でない限り、必要にして十分な性能が備わっています。家庭用防犯カメラの性能については後ほど詳しく説明していきます。

家庭用防犯カメラの種類を知る

防犯カメラを購入するとき、適当にカメラを選んでしまうと後々後悔することもあります。

家庭用防犯カメラにはいろいろなタイプ、性能がありどのような場所、場面の監視撮影をしたいのかで選ぶカメラのタイプは違ってきます。

ここでは家庭用防犯カメラの種類と性能、どのような撮影に適しているのか紹介していきます。

家庭用防犯カメラの種類はタイプ別に分類すると以下の3タイプ

  • 家庭用「屋内」防犯カメラ
  • 家庭用「屋外」防犯カメラ
  • 家庭用防犯ダミーカメラ

この3タイプの家庭用防犯カメラの用途をそれぞれ詳しく紹介してきます。

家庭用「屋内」防犯カメラ

家庭用の屋内防犯カメラ

・天井に取り付けるドーム型
・棚や机に置いて使う置き型タイプ

があります。

天井に取り付けるドーム型は、ショップなどの天井に取り付けられているのを見かけた人も多いと思います。

部屋全体が撮れる防犯カメラ。

インターネットと接続できるネットワークの防犯カメラなら遠隔地にいながら自宅内のようすを監視や確認ができます。

家庭用の屋内用防犯カメラを玄関やリビングなど部屋に取り付けると防犯効果が高まる他、万が一の場合には「証拠」としての映像が残せるので何かと不安な方向けのカメラです。

置いて使う家庭用防犯カメラは、住まいの防犯だけでなく、赤ちゃんやペットの見守りに使われたりもします。

天井に取り付けるドーム型防犯カメラはこんな人におすすめ。

  • 防犯性に重点を置く人
  • 天井に取り付けができる人

天井に取り付けるドーム型の家庭用防犯カメラは部屋全体を斜め上から見下ろすようなイメージの映像が撮影できます。

部屋で行われる犯罪の一部始終を記録できるカメラです。


天井に取り付ける防犯カメラで付けていることを知られたくない人は火災報知器型カメラがおすすめです。

こちらも合わせて読みたい関連記事⇒火災報知器型カメラのデザイン機能が一新!長時間録画&保存


置いて使う家庭用防犯はこんな人におすすめ。

  • 取り付けに自信のない人
  • 手軽に防犯カメラを設置したい人

棚やテレビ台などに置いて使うタイプの家庭用防犯カメラは部屋全体よりも、ピンポイントで決まった場所を撮影するイメージです。

装備されるレンズ(広角レンズ)によっては部屋全体をカバーできるカメラもあります。


こんな防犯カメラもある
  • 被写体「動くもの」を自動追尾する機能
  • スマホ操作でカメラの角度が変更できる機能

置き型防犯カメラでカメラを設置していることをばれたくない人は置時計型カメラがおすすめです。
合わせて読みたい関連記事⇒置時計型カメラならWiFiがおすすめ!スマホで遠隔操作

家庭用「屋外」防犯カメラ

家庭用の屋外防犯カメラは街中でよく見かけるタイプと同様の形状で

・監視してます
・見てますよ

と主張するデザインは誰もが知る防犯カメラ。

屋外用防犯カメラを取り付けた家を空き巣犯などの犯罪者から見ると「この家は防犯意識が高い」と侵入をあきらめる可能性が高く、設置しているだけで防止する効果があるカメラです。

家庭用屋外防犯カメラはこんな人におすすめ。

  • 留守中や夜間の防犯性を高めたい人。
  • 犯罪を事前防止したい人。
  • 不審者を特定したい人

屋外防犯カメラは、自宅周辺のようすを撮影できるので空き巣犯だけでなく、ストーカーなど不審者がウロウロしている場合にも効果的。

解像度のいい防犯カメラなら人相が特定できる場合があります。

赤外線LEDを搭載した機種なら夜間の防犯性も高まります。



家庭用防犯ダミーカメラ

家庭用防犯カメラのダミー商品。

見た目はしっかりとした撮影機能が付いた防犯カメラに見えます。

デザインは本物そっくりで赤色のLEDが常時点滅するもの、夜間になると自動発光するものなどがあります。

ダミーカメラ、そんなものただのおもちゃで使えないと思う人もいるかも知れません。

しかし空き巣犯や窃盗犯は「カメラに撮られる」のをできるだけ避けようとします。

全く気にしない犯罪者もいるけどね

防犯カメラが設置されているだけで諦めるケースもあります。

プロでも判別の難しい本物志向の外観ケースの採用と、赤色LEDの点灯or点滅は威嚇効果が高く、ダミーカメラであることに気付くことが出来ないレベルのカメラです。

家庭用防犯カメラのダミーはこんな人におすすめ

  • とにかく安く抑えたい
  • 撮影機能がなくても防犯できればいい
  • 取り付けが簡単なものがいい

ダミー防犯カメラは、何より価格が安くて済みます。

安いものなら1,000円台から、高くても5,000円までで購入すること可能。撮影機能がないダミー商品といえども防犯性は抜群です。


家庭用防犯カメラの便利機能を知る

家庭用防犯カメラには、防犯に役立つ便利な機能が付いた機種があります。

防犯カメラを自宅に取り付ける多くの人は

・留守中の自宅が心配
・眠りについた夜中が心配

このように「住人が心配になる時間帯」に犯罪を犯すケースが大半です。

犯罪が行われるケース
  • 白昼堂々と留守宅を狙う「空き巣犯」、「不法侵入者」
  • 夕方~夜の電気が付いていない留守宅を狙う「空き巣犯」
  • 眠りにつく夜中に忍び寄る「下着泥棒」、「変質者」

防犯カメラには留守中の自宅の様子を「外出先」から確認できる機能。

夜間の真っ暗闇をうろつく「不審者」を映す機能。

これらは防犯カメラにとって必要不可欠な機能と言えます。

重要となる3つの機能

  • 家庭用防犯カメラ 赤外線LED
  • 家庭用防犯カメラ WiFi or ネットワーク
  • 家庭用防犯カメラ 防水

防犯カメラには、上記の機能が付いているもの、付いていないもの、全て装備されたものまでいろいろです。

この3つの機能の特徴と使える場面を紹介していきます。

家庭用防犯カメラの赤外線LED機能

本格的な防犯カメラでは夜中でも撮れる暗視撮影が必須です。

そのため赤外線LEDが搭載されていることが重要となります。

家庭用防犯カメラでも赤外線LEDはおすすめの機能です。

灯かりのない真っ暗の夜中は「犯罪」が最も行われやすい時間帯です。

製外線LEDが搭載された防犯カメラを設置していると安心です。

赤外線LEDの照射距離によって撮れる範囲が異なりますが、10m~25m程度の距離に対応しているので就寝後の夜中、帰宅前の夕方~夜間の自宅周辺の監視撮影もできます。

防犯カメラの中には赤色LEDが光り不審者を威嚇するタイプもあります。

高性能タイプなら赤外線LEDの照射距離が100m以上の「防犯カメラ」もあるよ

家庭用防犯カメラ赤外線LED付きはこんな人におすすめ

  • 仕事が終わるのが遅く帰宅が夜になる人
  • 一人暮らしで夜中が不安な人
  • 自宅周辺で不審者の気配を感じる人
  • 夜中に下着ドロボーに撮られたことがある人

暗くなる夕方から夜中は犯罪率が最も高い時間帯

空き巣犯だけでなく、ストーカーや性癖による犯罪者も多いのが夜間です。

一人暮らしの女性は特に不安な時間帯です。

少しでも不安を感じることがあるのなら「犯罪の抑止効果がある暗視撮影」ができる家庭用防犯カメラの赤外線LED機能付きがおすすめです。


家庭用防犯カメラのWiFi or ネットワーク機能

家庭用防犯カメラにあると便利なWiFi機能とネットワーク機能。

どちらも離れた場所から

・iPhone
・スマホ
・タブレット端末

などからカメラを設置した部屋や自宅周辺のようすが「リアルタイム」で見ることができる便利な機能です。

WiFiとネットワーク機能の使い方を見てみましょう。

WiFi機能

防犯カメラに搭載されたWi-FiでiPhone、スマホと接続して

「無料のアプリ」をダウンロード

されすれば設置した防犯カメラの操作ができる機能です。

機種により違いがありますが(10m~15m)離れた場所からスマホで動画の保存やリアルタイムの映像の確認などの操作ができます。

ネットワーク機能

ネットワーク対応の防犯カメラとインターネット接続をすることでWi-Fiとは違い「距離」に関係なくiPhone、スマホさえあれば

「どこにいても」

自宅や自宅周辺のようすを確認することができる機能です。

この機能を使えば買い物で出かけていても、仕事先、旅行先からでもリアルタイムの映像を見ることも決定的瞬間を録画&動画保存をすることもできます。(機種により違いあり)

機種によってはWiFiもネットワーク機能も使える機種があります。

家庭用防犯カメラWiFi&ネットワーク機能のおすすめはこんな人

  • 家を空けることが多い人
  • 一人暮らしの人
  • 留守中の自宅が心配な人
  • ペットを飼っている人
  • 近所トラブルで困っている人

家庭用防犯カメラの防水・防塵機能

家庭用防犯カメラを屋外に取り付ける場合は

・防水機能
・防塵機能

があるか確認しておきましょう。

玄関のように屋根がある場所があるならまだしも、風雨が直接当たる場所では防水機能は必須です。

防水・防塵機能は「IP55以上」以上がおすすめだよ

せっかく購入した防犯カメラを安心して長く使いたいなら購入するときに防水性能を確認しておきましょう。

家庭用防犯カメラの防水&防塵おすすめはこんな人

  • 屋外に防犯カメラを取り付ける人

家庭用防犯カメラの選び方

家庭用の防犯カメラの購入が初めての人は

・どのような場所で使いたいか
・どのような場所に取り付けたいか

を考えて選択する必要があります。

また必要な付加機能を選ぶことでより自身の状況に適した防犯カメラを決めることができます。

選ぶポイントは以下の3つ

  • 使いたい場所を選ぶ(屋内or屋外)
  • 設置する場所を選ぶ(天井取り付or置型)
  • 機能を選ぶ(赤外線LED or WiFi or ネットワーク)

使いたい場所を選ぶ(屋内or屋外)

家庭用防犯カメラを選ぶ時は、まず取り付ける場所(屋外・屋内)に適したタイプを選ぶことが重要です。

屋外なら家庭用防犯カメラを

・玄関先
・勝手口
・倉庫周辺
・車庫周辺

などの屋外に取り付けて、敷地内へ不法侵入する者を監視・撮影したい場合は風雨や埃に強い防水や防塵使用の屋外用防犯カメラを選ぶ必要があります。

屋内なら自分の部屋、家族の集まるリビング、大切な物をしまっている部屋、ペットがいる部屋などの監視・撮影をしたい場合は屋内用防犯カメラを選びます。

屋内に設置する防犯カメラには見せて威嚇するカメラとばれずに撮影する監視ができる防犯カメラがあります。

ばれない防犯カメラを必要としている人には火災報知器型カメラ置時計型カメラなどの小型カメラもおすすめです。

設置する場所を選ぶ(天井取り付or置型)

家庭用防犯カメラを選ぶ時に考えておく必要があるのが取り付ける場所です。

取り付けには2つのタイプがあります。

屋内に取り付ける場合
  • 天井に固定して取り付けるタイプ
  • 固定をしない置いて設置するタイプ

上から見下ろすような映像を撮影したい場合は天井取り付けタイプ。

自分の目線で見ているような映像を撮りたい場合は置いて設置するタイプ。

屋外に取り付ける場合
  • 固定タイプ

機能を選ぶ(赤外線LED or WiFi or ネットワーク)

使いたい場所(屋内・屋外)と設置したい場所が決まったら、家庭用防犯カメラの付加機能をチェックしておく必要があります。屋内・屋外関係なく夜も撮影したいなら赤外線LED付きを選びます。

iPhone、スマホで遠隔操作や離れた場所(WiFi)、出先(ネットワーク機能)から操作や現状をリアルタイムで確認した場合はWiFi機能、無線LAN接続機能の付いたカメラを選びましょう。

他にも動いた者に反応して録画を開始する動体検知機能など防犯カメラに役立つ機能を搭載しているカメラがあります。

家庭用防犯カメラのおすすめ

家庭用防犯カメラのおすすめを3つのタイプ+ばれない防犯カメラを紹介していきます。

  • 屋外防犯カメラ
  • 屋内防犯カメラ
  • ダミー防犯カメラ
  • ばれない防犯カメラ

家庭用屋外防犯カメラおすすめ2選

家庭用の室外に取り付ける、防水、防塵仕様の防犯カメラのおすすめを紹介していきます。夜間も監視&撮れる防犯カメラは暮らしの安心を見守るカメラです。犯罪者を威嚇、犯罪抑止効果、記録に残す役割をします。

iPhone・スマホ対応、出先からの操作、リアルタイムの監視ができる家庭用防犯カメラの最強機種。屋外でも安心の防水・防塵性能。

設置場所に合わせて選べる3つの給電方法

  1. ソーラー給電
  2. 内臓バッテリー給電
  3. コンセント給電
ここがポイント
  • 高画質365万画素
  • 長時間録画128GB対応
  • 明るく照らす防犯灯付き
  • ソーラーパネル
  • バッテリー充電式
  • 大容量13400mAh

スマホと防犯カメラの同時通話機能付き


首振り自動追跡。死角なしの防犯カメラ。屋外でも安心、防水・防塵機能IP66。動体検知機能も装備した必要にして十分な機能が使える。

ここがポイント
  • 自動追跡機能強化
  • サイレン機能搭載
  • 双方向通話機能
  • 高画質400万画素

高精度な自動追跡を求める人におすすめ


家庭用屋内防犯カメラおすすめ2選

家庭用の室内に取り付ける防犯カメラ、価格が安くて取り付けが簡単な物を中心に紹介していきます。自宅の部屋、倉庫、車庫の監視にも使えます。

工事不要のドーム型防犯カメラ。高画質500万画素。屋内・屋外で使える安心の防水・防塵機能はIP66。人間のみ検知する自動追跡機能を搭載。

ここがポイント
  • スマホで垂直・水平を遠隔操作
  • パンチルト機能
  • 自動追跡機能を搭載
  • 遠隔監視可能
  • 高画質500万画素
  • 動体検知機能

自動追跡機能は人のみ感知して「スマホ」へ通知機能を搭載


自動追跡機能を搭載した見守りカメラ。置くだけの簡単設置で家庭の防犯カメラに。

スマホでカメラの視野角を変更できるので見たい場所を簡単にみることができます。

ここがポイント
  • 対象を自動で追跡
  • スマホ遠隔操作でカメラの向き変更可能
  • 置くだけ簡単設置
  • 双方向音声対応
  • 暗視撮影

取り付けや設置が苦手な苦手な方におすすめの置くだけ設計


家庭用防犯ダミーカメラ1選

とにかく費用を最小限に防犯対策をしたい。そんな人向けに数千円で出来る防犯カメラダミーがおすすめです。カメラ撮影機能がないダミーカメラ、しかし犯罪者への心理的に与える威嚇効果、防犯効果は抜群です。

ソーラーパネルを搭載したダミー防犯カメラ。

本物と同じ仕様にするため「赤色LED」は常時点灯に。本物と同じケーブルを採用。

本物志向のケースを採用したプロでも判別が難しい外観。

費用を最小限に抑えて高い防犯効果を実現した防犯ダミーカメラ。


ばれない家庭用防犯カメラおすすめ2選

家庭に取り付ける防犯カメラは、見せて威嚇、見せて抑止効果を発揮する防犯カメラです。

ここで紹介する防犯カメラは他人に

・見せない
・ばれない
・ばれにくい

防犯カメラを紹介していきます。

家庭用のばれない防犯カメラなら火災報知器型カメラがおすすめです。

見た目は火災感知器ですが高性能&高画質の小型カメラが内臓されています。

部屋のデザインに合わせて選べる2タイプを紹介します。

一人暮らしの女性の部屋、洋風の一軒家、マンションにも対応できるデザインの火災報知器型カメラスパイダーズX (M-948) は薄暗い部屋も撮れる暗視補正機能と動きを感知して録画を開始する動体検知機能が搭載された最新機種。


和風の日本家屋、和室にも合うデザインの火災報知器型カメラスパイダーズX (M-910) は本物の火災報知器の金型で作られたカモフラージュ性の高いカメラです。リモコン付属で遠隔操作ができる。


この記事のまとめ

家庭用防犯カメラを取り付けた家の第一印象、皆さんはどのように感じるでしょうか。

それぞれ違った見方をするかもしれませんが多くの人が以下のように感じるのではないでしょうか。

  • お金持ちの家
  • 防犯意識が高い
  • 以前に空き巣などに入られた経験がある
  • 近所トラブルがある
  • ストーカーに困っている

他にもいろいろとあると思いますが、防犯カメラがあると

・録画されている
・監視されている

このようなことが頭によぎると思います。

空き巣犯や不審者が家に設置された防犯カメラに気付いたらどうでしょう?

きっとこの家に侵入する確率はグンと減少すると思いませんか。

例えそれがダミーカメラであっても同様の効果が期待できると言えます。

カメラだけでなく「防犯カメラ作動中」の防犯ステッカーを玄関先や勝手口に貼るだけでも少なからず防犯効果が得られるでしょう。

また夜間時に人の動きを感知して一定時間自動点灯するライトも効果があります。

要は住む人の防犯意識があるかないかで

・空き巣
・下着ドロボー
・不審者の侵入

を最小限に抑えることが可能と言うことです。

少ない費用で家庭の防犯対策をして大切な家族と財産を守りましょう。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる