\ タイムセール /

小型カメラの隠し方!ちよっとした裏技で「証拠」を手に入れる

小型カメラを使いたいけど「ばれない隠し方」はどうすればいいの、どうやればうまく撮影できるのか悩んでいませんか?

  • 「証拠となる動画」を撮りたい
  • 使いたいけど「ばれたら」どうしよう

そんな悩みや事情がある人も多いと思います。

小型カメラは一般的なカメラと違う特殊なカメラです。

もともと身の回りにある生活雑貨に小型のレンズを隠しているので、基本的にはわざわざ隠さなくてもいいようにできているのが小型カメラです。

しかしタイプによっては家具や家電にうまく隠す必要があります。

この記事では小型カメラのタイプ別に隠し方と使い方を紹介していきます。

目次

小型カメラは隠し方次第で隠匿性がUPする

小型カメラの種類はたくさんあります。

人気のスパイカメラとは
  • メガネ型カメラ
  • ペン型カメラ
  • 腕時計型カメラ
  • バッテリー型カメラ
  • ライター型カメラ

スパイカメラに代表される持ち運びや装備して使う機種です。

どれも私たちが普段からよく利用するガジェットなどににカメラを内蔵させたカメラです。

どの機種も超小型のレンズが仕込まれているので

わざわざ小型カメラを隠す必要のないカメラ

この人気の機種の中で上手く隠すことでさらに隠匿性(カモフラージュ度)がUPする機種があります。

もともと小型カメラにはスパイ要素があり、探偵や興信所のプロが使えるレベルのプロ仕様のスパイカメラです。

しかしそんな優れた小型カメラも

・これがあれば大丈夫!
・絶対にばれない!

なんて思って何も気にすることなく無造作に置いたり、使ったりしていると「ばれる」可能性が高くなります。

どんなカメラでも完璧な商品はないよ

上記の中でペン型カメラを例に考えて行きましょう。

ペン型カメラの隠し方

ペン型カメラをあなたならどのように使いますか?

・手に持って
・スーツの胸ポケット入れて

など使い方は人それぞれですが、もっとペン型カメラの隠匿性をUPさせるならどうしますか。

もしあなたが今、悪質な上司からの過激なセクハラで日々悩んでいるとします。

あなたの仕事はデスクワーク、ならこの上司のしているセクハラの「証拠」をばれずに撮影するには?と考えたとき「ペン型カメラ」ならどうでしょう。

そう持っていても違和感がありませんね。

オフィスなら
  • ペンを使うから怪しまれない
  • ペン立てに入れて使える
  • 書いてるふりをして使える
  • 上着のポケットに入れて使える

ここがポイント

まず第一にその場面で持っていても怪しまれることのない小型カメラを選ぶこと。

その次に考えるのがいかに「ばれない」隠し方をするかです。

もともとばれにくいようにペンに小型のレンズを隠していますが、ここはさらに慎重に!撮影しているのがばれたら・・・と考えると完璧にする必要があります。

ここでひと手間加えることでペン型カメラの隠匿性が何倍にもアップするんです。

そのひと手間は難しく考える必要はありません、ペン型カメラなら手に持って撮影するよりも「ペン立て」に入れて他の鉛筆やシャープペンシル、カラーペンなどの隙間に隠す方法です。

手に持つ、スーツの胸ポケットに入れておく、机の上に無造作に置くよりも、ぐーんとカモフラージュ性がアップすると思いませんか。

これが「ひと手間」です。簡単でしょ

このようにして他のシチュエーション、小型カメラも隠し方を考えて行きましょう。






ペン型カメラの選び方を知りたい方はコチラの記事も参考にしてね。

ペン型カメラのばれない選び方!3つの条件を教えます。

腕時計型カメラの隠し方

腕時計型のカメラを隠す?どうやってと思いますよね。

腕時計型カメラは基本腕にハメた状態で使うのが当たり前?的なカメラです。

でもちよっと違う使い方をするのもアリなんです。

  • 自分の部屋から大切なものがなくなる
  • 彼氏のDVで悩んでいる
  • 夫のDVで悩んでいる

など部屋(密室)で起こる問題の「証拠」を撮影したいと悩んでいる方に使える方法です。

まず自宅の部屋などで使う場合。

腕時計って部屋にいるときやホテルの部屋に入ると外したくなりませんか?

人それへぞれかも知れませんが、自宅の部屋や宿泊先ホテルの部屋で腕にハメていた腕時計型カメラを外して、自動車を乗っている人なら車のリモコンキー、キーホルダーと一緒に置いておくとベスト!

ここがポイント

無造作に机や棚、AVボードなどの上に置くようにして実は、腕時計のベルトを台代わりにして置き型カメラのように置いて使うことができるのです。

腕時計型カメラをこのようにして使うと外出先でも置いて使えるので便利です。

この方法は隠していない方法ですが、実は無造作に他のキーホルダーと置いているという自然な隠し方をしているのです。






隠すテクニックを身に付ける

ペン型カメラと腕時計型カメラを例に隠し方を考えましたが、小型カメラはたくさんの種類があります。

超小型のものから掛け時計のように大型の家庭雑貨にレンズを仕込ませたものまでいろいろです。

しかしここでは比較的小型のタイプに限定して考えて行きたいと思います。

隠すテクニックとは隠すことになれることだよ

オフィスや自宅の部屋で例えましたが、これは自動車の中でも同じです。

その場面に適した機種を選ぶことと、隠し方をシチュエーションに応じて考えるだけなんです。

例えばこんな場面、知人とのもめ事の解決のため自分の自動車の車内で話し合いをしようとするとき、その言った言わないの「証拠」を撮影するため

・自分が運転席
・知人を車の後部座席

に座ってもらい話し合い。

さてあなならこの場面でどのような小型カメラをチョイスしますか?

音声の録音だけならスマートフォンでもできます。しかし狭い車内での撮影となると工夫が必要です。

その方法は小型カメラの機種によりいろいろありますが。ここではちょっと変わった特殊な小型カメラを使った場合を想定してみましょう。

特殊なカメラとは

スマホ対応のファイバースコープタイプの小型カメラ

この小型カメラはスマートフォンがないと撮影できないという特殊なカメラで、3.5M 半剛性ケーブルと1944P解像度カメラ(500万画素)が特徴。

もともとは人間が入れないような狭い場所、機械内部や大きな家具の裏など見たくても見えない場所にカメラ部分の先端から挿入して使うのが最も適した使い方。

しかしこのファイバースコープカメラ、隠し方を工夫すればいろいろば場面で使える万能カメラです。

これを先ほど話した車内でのもめ事の話し合い撮影に使う場合。

スマホに繋いだファイバースコープカメラを助手席側のシートに置き、その上に座布団などを置いて隠します。

シートの背もたれにはわすようにケーブルをヘッドレスト部分まで持ってきます。

そしてシートの背もたれの上部分とヘッドレストの間にファイバースコープのカメラレンズ部分を入れ、カメラのレンズ方向調整、スマホでアングル確認をしてスタンバイOK。

この方法は完璧とは言いませんが意外と「ばれない」方法なんです。

このようにして小型カメラの特性を生かして隠し方を考えれば「証拠」撮影の成功率は飛躍的にアップします。


※撮影方法はご自身で責任で行ってください。当サイトの方法はあくまで参考です。

意外と使える特殊カメラ

小型カメラは

・持ち運び型
・置き型
・固定型

と3タイプに分類され、その中でも人気の売れ筋機種があります。

人気があるのが冒頭でもお伝えした5大機種、それ以外には置き時計型カメラ火災報知器型カメラなどまだまだたくさんの種類が販売されています。

そんな小型カメラの中でも使える(デキルカメラ)があるんです。

それがこの面白いカメラシリーズです。

見ているだけでも楽しめる面白い特殊な小型カメラの中には

おもしろカメラ
  • ペットボトル型カメラ
  • USBハブ型カメラ
  • ガム型カメラ
  • ミントケース型カメラ

などがあります。

数ある中のこれはほんの一部の機種です。

ペットボトル型のカメラなら車のドリンクホルダーや鞄に入れて持ち歩いたり、いろいろな場面で使えます。

このように特殊なカメラもひと手間加えるだけでさらにカモフラージュ性がアップします。

例えばペットボトル型のカメラの場合、さらに本物感をアップさせるなら市販のミネラルウォーターなどのラベルを加工して貼ることで「ばれる」リスクが少なくなります。

うまく工夫することで小型カメラであることを隠せるのです。

このようにして他のカメラもどうしたら、何をしたらもっとカモフラージュ強化できるのかを考えればいいのです。

深刻な悩み、本気で「証拠動画」が必要なら、使う人も本気になって隠し方を考えてみましょう。

自分で小型カメラを作りたい、人気の基盤自作ユニットもおすすめ。隠す場所はあなた次第。

楽しめる隠しカメラです。

関連記事⇒小型カメラの基盤ユニットで隠す、自作が思いのまま!


使い方はこちらの記事も参考に⇒小型カメラの使い方と機種選びはこうして決める

小型カメラの隠し方のまとめ

小型カメラの隠し方。

意外と簡単にできると思いませんでしたか?

ここがポイント

・使う方
・使う場面
・使う機種

この3つが上手くかみ合っていればいいのです。

小型カメラのような隠して撮影することが必要な場面、悩み事は当人には深刻な問題です。

こんな悩みも・・・
  • 精神的につらいセクハラ、パワハラ
  • 精神的にも肉体的にもつらい
    DV・虐待・いじめ
  • 恐怖を感じるストーカー
  • ご近所トラブル

など世の中には多くの悩みを抱える人がいます。

そんな場面の「証拠」を撮影するには勇気が必要です。

小型カメラの使い方も隠し方も使う人次第ですが、悩みは信頼のおける人に相談するのも一つの方法です。

より安全に解決できる最善の方法を選択しましょう。




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる