スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

小型カメラのコンセントUSBタイプは使えるのか?

小型カメラ コンセント

小型カメラのコンセントタイプは、スマホや外部機器にも使えるUSB充電器にカメラが内臓されたスパイカメラです。

コンセント型カメラの購入を検討している方の気になる、このカメラはうまく「撮影」できるの?使って「ばれないの?」といろいろ思うところを調査していきます。

購入したけど全く役に立たない、そんなことは避けたいものですね。

この記事では、コンセントカメラを使う際に気になるメリット・デメリット、使い方を紹介していきます。

1.コンセントカメラってどんなもの?

USB-AC ADAPTER M-930

小型カメラのコンセントタイプは、iPhoneやAndroidスマホを購入した時に付属してくる、あのUSB電源アダプター「コンセント」に超小型のレンズを仕込ませたもの。

見た目は、カメラに全く見えず実によく出来ています。

外観の大きさは、オリジナルとほぼ同サイズで、見た目もただのUSBアダプター〝コンセント〟にしか見えないので「ばれない」小型カメラの条件は満たしていると言えます。

本体のUSB側に小さなピンホールがあり、そこがカメラレンズ部になります。本当によく見ないと気付かないレベルで、これなら撮影していても大丈夫だと思わせるクオリティが素晴らしい。

画質は、フルHD 1080Pで綺麗な動画が保存できます。外観・性能面に問題に不満点はない。

2.使える場面を想定しょう

小型カメラ コンセント
【USB-ACアダプター型ビデオカメラ 32GB対応】

購入したけど、使えない。そんなことにならないように、まずは実際にコンセント型カメラを使える場所、場面はどこか?を考えてみよう。

もちろん製品の特性上、コンセントがない場所に置いての撮影は危険と言える。

このカメラを使う前提として、コンセントプラグにこのUSBアダプター型カメラを挿し込んで使う。

これがこのカメラを使うもっとも自然で〝ばれない〟条件です。となると使える場所は、コンセントがある場所。そしてスマホの充電や外部機器を繋いでいても違和感のない場所。

では?どこが理想的なのか考えてみよう。

コンセントプラグがあると言えば、身近なところで自宅、オフィス、店舗等ですね。しかしここで注意したいのは、普段このようなUSBアダプターがコンセントに挿して使われていない場所で突然使うと〝あれ?〟と違和感を感じる人がいるかもしれない。

そのような危険なことにならないためにも、自宅以外のオフィスや外出先で使うときは、一工夫手間をかけた方がより、安全ということを頭に入れておこう。特殊なカメラを隠して使うことは、リスクが伴うことをしっかりと認識しておこう。

では、この一工夫する。決して難しいことではありません。要は、いきなりカメラが付いたUSBコンセント型カメラを使うのではなく、ある一定期間、カメラの付いていない一般的なUSBコンセントを人前で何回か使う。

そうすることで〝もし〟不審に思われて、コンセントをチェックされたとしても、ただのコンセントだから大丈夫だと思わせる。

え?そんなこと、と思った方もいると思うが、このような一見無駄のようなことをすることが安全に「小型カメラ」を使うための手順でもある。

  • ひと手間が成功のもとである。
  • リスクがあることを忘れない。

もし手に取って確認されたとしても、同じ確認を2度、3度とする人はなかなかいないと思います。

このようなカメラを使うことで、あなた自身が挙動不審にならないように心がけることが最も重要です。

安全にコンセント型カメラを使う準備は確実にをおすすめします。

3.メリット・デメリットはズバリこれ

小型カメラのコンセントはよくできたカモフラージュ性抜群のカメラです。しかしどのような機器でもそうですが、デメリットは必ずあります。

デメリットを理解して使うことで、よりその機器の性能を向上させて使える。

3-1.デメリットを知る

小型カメラのコンセント型は〝コンセントに挿して使う〟これこそがこのカメラのデメリットになる。

「コンセントに挿して使う」がデメリット?では何のために、このカメラがあるの?そんな声が聞こえてきそうですが、そのデメリットを紹介します。

  • 固定して使うカメラ
  • アングルが変更できない

コンセントに挿し込んで撮影をする、固定型の小型カメラです。

持ち運ぶことはできますが、火災報知器型カメラや掛け時計型カメラのように、撮影アングルを変えることのできないカメラです。

これこそが最大のデメリットとなります。アングルが変えられないということは、カメラレンズの前面しか撮影できないということになります。

カメラのレンズ視野角にもよりますが、コンセントは通常壁の下部に固定されているもので、そこのコンセント型カメラを挿し込むとどうでしょう。

そうです、お分かりいただけたと思いますが、コンセントの位置から真正面しか撮影できないということになります。

カメラの向きを変えられない、そこがデメリットとなる。

これを理解して使うのと、理解していないのでは大きな差がでます。知らないで使うと〝なにこれ?〟全く使い物にならない、なんてことになることも。しかしデメリットを理解して購入していればそんなことにならないはずだ。

しかしこのカメラは使い方次第です。アングル調整ができないデメリットを解消する方法の1つに延長コードやACハブコンセントにこのUSB型カメラを取り着けることで「アングル調整が可能になる」。また延長コードやACハブコンセントを使えば机の上や、テレビボードの上などいろいろな場所で使っても不自然に感じないのでおすすめの使い方です。

3-2.メリットを知る

1.コンセントが狙った位置にあること
2.延長コードに繋いでも問題のない環境

撮影したい場所に運よくコンセントプラグがあれば、このカメラは有効に使えるでしょう。また延長コードを使える環境であれば、このカメラを取り付けて使えば、延長コードの向きを変えることで〝アングル変更〟も比較的簡単にできるでしょう。

要はこのコンセントカメラを使える環境や場面を考えて使うことで、カモフラージュ性抜群の防犯カメラになるということになる。もしこのような条件で小型カメラのコンセント型を使えないあなたは、このカメラは向いていないので購入は控えた方がいいい。

もしどうしても小型カメラが必要なあなたには、使う場面を想定して他のタイプの小型カメラの購入をおすすめします。

見た目や面白そうなど、機能面やメリット・デメリットを考えないで購入してしまうと、使い物にならず後々後悔することもあるので、よく検討して決めましょう。この小型カメラUSBコンセントタイプには3つのタイプがあるので注意しよう。

⇒こちらのスパイダーズX (M-930)メモリが内臓されたタイプなので外部メモリを必要としないメモリは16GB

こちらは販売終了

⇒こちらのスパイダーズX (M-933)は別途外部メモリ(microSDカード)が必要となります32GBのmicrSDHC対応

こちらは販売終了

⇒こちらの最新スパイダーズX (M-933α)はM-933の進化版で上記機能に+動体検知機能を搭載しています

【USB-ACアダプター型ビデオカメラ 動体検知機能搭載 32GB対応】

どちらも性能はほぼ同等です。どちらを選ぶかは好みや使い方次第ですが、撮影した動画などをいくつも保存したい場合はmicroSDカード対応の方が便利です。
内臓タイプはPCに保存するか、PCを使って外部メモリに保存する必要があるので、いろいろな面で使い勝手がいいのは外部メモリ対応です。

同じタイプの格安機種はコチラ

【ACアダプター型カメラ 1080P 動体検知機能 内蔵32GBカード】

4.まとめ

小型カメラのコンセント型は、だれもが知る形状で特に違和感を感じないのがいい。しかしこのような特殊なカメラを使う時の、事前準備、ひと手間、一工夫を忘れないように。

「証拠」となる撮影には、少なからずリスクもあるでしょう。どのようなタイプの小型カメラを使うにしても、より慎重にを心がけて、個人でできる防犯対策をしましょう。

 
SNSでフォローする