スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

メガネ型カメラに待望のワイヤレスWi-Fiが登場!再生も操作もスマホでデキル

匠ブランド『Grandis-Eye』(グランディスアイ)

メガネ型カメラのワイヤレスWi-Fi接続ができる機種が登場!これを待っていた人も多いのではないでしょうか。Wi-Fi接続ができるスパイカメラはスマホでワイヤレス操作ができるだけでなくアングル確認、再生までデキル便利なカメラです。

 

今回発売された匠ブランドの(匠ブランド)『Grandis-Eye』(グランディスアイ)の性能から使い方、メリット・デメリットまでズバリ紹介していきます。

 

1.メガネ型カメラワイヤレスWi-Fiとは

Wi-Fi接続ができるメガネ型カメラはスマートフォン(ios端末のiPhone、Android端末のスマホ)でメガネカメラの操作(撮影、再生、削除、アラーム通知)などあらゆる操作をスマホ1つで出来る機能です。

 

メガネ型カメラは自分目線で撮影ができる便利なカメラで、他のスパイカメラとは違いアングル確認が不要です。そのためWi-Fi機能はそれほど重要に感じないかも知れませんが実は大きなメリットがあります。

 

2.Wi-Fiのメリット

Wi-Fi接続のメリットは、スマホで操作、再生、削除ができるだけでなく、今までできなかったメガネ型カメラを置いて撮影することができる。

 

また無線LAN接続をすることで外出先から自宅や部屋のようすを見ることができるメリットがあります。

  1. メガネ型カメラを置いて撮影する
  2. 外出先から自宅のようすが見れる

この2つをそれぞれ詳しく説明していきます。

 

2-1.メガネ型カメラを置いて撮影する

 

メガネ型カメラは掛けて使うことで、今自分が見ている場面とほぼ同じ状態が撮影できます。その分撮る失敗が少ないカメラです。

 

しかし今までのメガネ型カメラは掛けて使うだけのものであったが、Wi-Fiメガネ型カメラは、スマホで遠隔操作が可能で、メガネを折りたたんでテーブル、デスク、ベッドの棚などに置いて監視カメラ、隠しカメラとして使うことができます。

 

メガネは無造作に適当な場所に置いていても違和感を感じることはありません、Wi-Fi接続でスマホ操作ができるので、スマホによるアングル確認も簡単です。自分の部屋、リビング、寝室など気になる場所に置いて防犯カメラとして使えるメリットがあります。

 

さらに動体検知機能を搭載しているので、動きを感知したときだけ録画させることも可能です。1台2役で使えるのがWi-Fiメガネカメラです。

 

2-2.外出先からリアルタイムに確認

もう一つの便利な使い方は、無線LANでインターネット接続をすれば、自宅に置いたメガネ型カメラが捉えた映像をスマホで確認ができるので安心です。

 

PIR、動体検知センサーによりカメラが動きを感知するとスマホに異常を知らせてくれるアラーム機能を搭載。知らせがあった時は自宅の様子をスマホで見ることができます。

 

問題があれば即座に対応できるので普段心配事がある人にはとても役立ちます。

一人暮らしや、ルームシェア、パートナーの浮気、ベビーシッター、介護士による虐待、子供のいじめなど。映像を確認して心配事が思い違いなら安心、問題があれば対処できます。

 

3.Grandis-Eye(グランディスアイ)のデメリット

メガネ型カメラに待望のWi-Fi機能が付いて販売された(匠ブランド)『Grandis-Eye』(グランディスアイ)。ここ最近Wi-Fi対応のスパイカメラを積極的に販売している匠ブランド。

 

Wi-Fi機能付きのスパイカメラは使うと分かるメリットがいろいろとありますが、Grandis-Eyeには私が感じるデメリットがあります。これはスパイカメラを知りつくした私、個人的な意見なのでそのような目線で見てもらえるとありがたいです。

 

問題点はひと昔前の機種にあったピンホールがメガネフレームにあること。近年2014年以降に発売された機種はほとんどが「レンズの穴が見えない」「レンズが見えない」機種が主流の中、今回発売されたメガネ型カメラには正面から見てフレーム左側の端にマイク穴、右側の端にレンズ穴が見えます。

関連記事⇒メガネ型カメラのばれない条件!!と5つのポイント

 

これはスパイカメラであるメガネ型カメラ(顔に掛けるカメラ)としては大きなデメリットとなります。人から離れた場所での利用は問題ありませんが、目の前で使うと違和感を感じる可能性が高く、カメラであることがバレるリスクが高くなります。

 

このようなデメリットを理解して『Grandis-Eye』(グランディスアイ)を選ぶなら問題はありません。どのスパイカメラでもその機種が持つデメリットを理解して使うことが重要です。

それでもメガネ型カメラがWi-Fi対応になったことが大きな進歩と言えます。

今回紹介したメガネ型カメラはこちら⇒『Grandis-Eye』(グランディスアイ)

 

4.まとめ

メガネ型カメラをスマホで操作ができるメリットとフレームにあるピンホールのデメリット。これをどう思うかは使う人次第です。

 

要はメリットもデメリットも使い方次第です。Wi-Fi対応のメガネカメラは1台2役で使えることを考えると、購入するか大いに悩む点ではないでしょうか。便利なことは間違いありません。

 

メガネカメラのWi-Fiは今後のフレームの改良に期待したい。

 

SNSでフォローする