フレームレートとは!? 30fps VS 60fps 比較してみた!

フレームレートって何?と気になった人も多いと思います。

動画が撮影できる

・ビデオカメラ
・アクションカメラ
・スマホ
・iPhone
・小型カメラ
・スパイカメラ

でも動画が撮れるガジェットならスペック表に必ず記載されているのがフレームレート(FPS)です。

商品のパッケージやカタログにフレームレート

  • 4K/30FPS
  • 1080P/60FPS

のような記載や、滑らかな映像などの表現があるものを見かけます。

この記事ではフレームレート(FPS)について簡単に説明していきたいと思います。

30FPSと60FPSではどの程度の違いがあるのか実際の動画で比較をしています。

目次

フレームレートとは

フレームレート?聞きなれない言葉ですね、しかし難しいものではありません。

フレームレート
  • 動画にはコマ数があり、これを処理する画像の数と考えてもらうと簡単です。

動画は静止画とは全く別のように思いがちですが、実は最初から最後まで動きのある動画も静止画の集まりです。

iPhoneのカメラを使った人なら知っていると思いますが、iPhoneにはライブフォトと言うものがあります。

これはシャッターを押した前後1.5秒づつの動きと音声を記録できる「動く写真」です。

このライブフォトにもいくつものコマ数があります。実際、ライブフォトで撮影した写真は編集することができ、約8コマの中から好きな写真を選ぶこともできます。

少し話がそれましたが、カメラで撮影した静止画は1枚の静止画、iPhoneのライブフォトは8枚の静止画、動画も理屈は同じで、静止画が1秒間で何コマ使われているか(何コマで保存するか)の単位です。

あとで詳しく説明していきますが、記載のFPS(フレームレート)を見ればある程度、映像の動きがスムーズで滑らかなものかなのか、カクカクした映像なのかを知ることができます。

iPhone12のカメラ FPS 30 60 切替画像

これはiPhone12のカメラ画像ですがフレームレート「60FPSと30FPS」は簡単に切り替えができます。

より滑らかな動画を撮りたいなら60FPSで撮ればいいのですが、データ容量は60FPSの方が大きくなります。

フレームレートは何を基準に切り替えたらいいのか迷ったら

・動きの速いシーンなら60FPS
・動きの少ないシーンなら30FPS

撮影シーンで切り替えて撮るのもおすすめです。

Apple(アップル)
¥55,800 (2022/04/24 10:56時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon
GoPro(ゴープロ)
¥77,800 (2022/04/24 11:38時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

FPSは何の略?

商品のパッケージやカタログなどを見るとフレームレートは〇〇FPSと記載されています。FPSという表記(単位)の意味が気になった人も、そうでない人も一応知っておいてください。

ここがポイント!
FPSとは
  • frames per secondの略で意味は1秒あたりのフレーム数(静止画のコマ数)

1秒間に何枚の静止画を使っているのかという単位です。

30FPSなら1秒間で30コマ、60FPSなら1秒間に60コマ。

15FPSよりも24FPSの方が映像の動きが滑らかで、さらに30FPS、60FPSと数字が大きくなるほど滑らかな映像が保存できます。

テレビや映画は何FPS

普段よく見るテレビや映画のフレームレートって気になりませんか?ビデオカメラのフレームレートが

・30FPS
・60FPS

とした場合、比較する意味でもテレビと映画のフレームレートは知っておきたいですよね?

まずはいつも見ている「テレビは何FPS」だと思います?動きは滑らかで特に見づらいと思ったことはないですよね。

そんなテレビのフレームレートは29.97FPSです。

あれ?意外と低フレームレートだなって思いません?

テレビの場合、一瞬カクついてるという人もいる反面、全く気にならないと思う人も多いのが映像の世界です。

僕の場合鈍感なのでしょうか、テレビを見ていてカクついてるなんて思ったことは一度もありません。

さらに映画はどうでしょうか。

フィルム映画の場合は24FPSと低フレームレート。

最近まで映画はフィルムが主流だったので24FPSとは意外ですよね。

映画も近年ではデジタル化で48FPSの映像もあるそうですが、映画独特の「映画らしい映像」を楽しむためにあえて24FPSとしている映画も多いそうです。

滑らかな映像が必ずしもいいとは言えないということが分かりますね。

近年のビデオカメラや小型カメラ、防犯カメラ、スパイカメラの動画では

  • 30FPS
  • 60FPS

の動きのいい映像はいたって普通ですが、テレビや映画の24~30FPSを考えるととても滑らかでスムーズな映像の保存を可能にしているのだと改めて感じますね。

見え方の違い動画比較30FPS VS 60FPS

フレームレートの違いでどの程度の違いがあるのか気になりませんか?気になりますよね。

では実際にフレームレートを比較した動画を見てみましょう。

30FPS VS 60FPSの映像

30FPS VS 60FPSの映像の比較を確認してみましょう。

どうでしたか?

動きをスローにすると60FPSの滑らかさ、30FPSのカクカクした動きが分かると思います。

しかし、通常再生ではそれほど違いは感じられません。

24FPS VS 30FPS VS 48FPS VS  60FPSの映像

24FPS VS 30FPS VS 48FPS VS 60FPSの映像はどうでしょうか。

24FPSの映像は動きがカクカクしているのがよく分ります。

60FPSでは動きがとても滑らかに感じます。

しかしここでちょっと疑問、この比較映像を見る限りでは24FPSはカクカクした映像です。しかし映画を観てでこのようにカクカク感じたことはあるでしょうか?

iPhone 12 Pro (24 30 60)の違いの映像

iPhoneで撮影された30 60の比較ではスローモーションの動画なら1秒間のコマ数によって動きの違いがよく分かりますね。

通常再生では違いに気付ける人は少ないかもしれませんが「早い動き」の映像ほど滑らかさに違いを感じます。

実際どうなの

一般的なビデオカメラやスパイカメラで動画を撮影する場合、フレームレートは

・24FPSよりも30FPS、さらに60FPS

と1秒間のコマ数が多いほど映像は滑らかで、特に動きのある映像を撮影する場合ば違いを感じることはあります。

例えばスポーツシーンのような早い動きを撮影したい場合は30FPS以上のカメラがおすすめです。

最近ではスポーツシーンや動きのある動画を撮影する高性能のアクションカメラでは解像度4Kで120FPSの高フレームレートが主流になりつつあります。

防犯目的や監視をするカメラでは、データ保存容量の関係で、フレームレートのコマ数を少なくしたカメラも多いのですが、最近ではmicroSDXCカードや内臓メモリーも高容量

  • 64GB
  • 128GB
  • 256GB

のものが多くなっているので、特に気にすることはないかもしれません。

そういう面でもスパイカメラのような特殊なカメラでも30~60FPSが主流となっています。

人気のアクションカメラのGoPro10では

  • 5.3Kは60FPS
  • 4Kなら120FPS

と超滑らかな動画が保存できるカメラも登場し、最近ではより高フレームレートの60~120FPSの動きの滑らかな映像を求める人が多くなっています。

DJI
¥51,040 (2022/04/24 11:43時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon

まとめ

テレビや映画を見ていて特に見ずらいと思う方は少ないと思います。

フレームレートの違いは、映像がいかに見やすく違和感がないかで差が出ますが、映像を比較して見ることのない環境に住む人にとって、フレームレートは特に気にする必要がないのかも知れません。

スパイカメラでも、一般的なアクションカメラやビデオカメラでも機能で言えば高性能にこしたことはありません。そう考えるとフレームレートも

  • 24より30FPS
  • 30より60FPS

がいいということになります。

使う人がどこまで求めるのかで左右されるのではないでしょうか。

フレームレートに関しては言えばそれほど気にすることはないかもと言うのが正直なところです。

ただ、最近のアクションカメラのように高解像で高フレームレートの機器に慣れてしまうとフレームレートも

  • 4Kなら120FPS
  • 5Kなら60FPS

がほしくなってしまうと思います。

Apple(アップル)
¥72,000 (2022/04/24 11:49時点 | Amazon調べ)
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazon




よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次