スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

スパイカメラの選び方!腕時計型カメラ選ぶなら最新機種がおすすめ

腕時計型カメラ

腕時計型カメラが欲しい!でも種類がありすぎてどれがいいのか?よく分らない、そんなあなたには迷わず最新機種をおすすめします。

 

しかし最新と言ってもたくさんの種類があります。価格面と機能面、コスパ、あたなに最適な腕時計型カメラはどれなのか?買ってから後悔しない腕時計型カメラの選び方について焦点をあてていきます。

 

1.腕時計型カメラとは

腕時計型カメラは一般的な腕時計の文字盤部分に超小型のレンズを仕込ませたスパイカメラ。腕に着けることでいつでも持ち運べる人気上位のスパイカメラ。

 

デザインもいろいろなタイプがあるのでビジネスからプライベートまで幅広く対応できるので1つ持っていると便利なアイテムです。人気ランキングでもペン型カメラやメガネ型カメラと上位を独占する腕時計型カメラについていろいろな角度からおすすめの機種を考えて行きます。

 

2.腕時計型カメラを選ぶ5つのポイント

腕時計型カメラは多くの機種が販売されています。デザインが違うだけでどれも同じように見えますが、画質、内臓メモリの容量、基本装備の違いなど異なるがたくさんあります。

 

また外見のデザインは同じでもメーカーが違う商品があります。これはメーカーが違うだけでなく、中身が違うので注意が必要。同じに見えても機能や性能、画質、価格が違うので両方の機種を比較して決めるのがポイントとなる。

 

同じメーカーでもほぼ同じデザインで少し機能やメモリ容量が進化したものもあるので他の機種との比較は必ず行うようにしたいですね。中には価格が同じなのにメモリの容量が多くなっているものがあるので特に注意しての確認は必須。

 

あなたが求める腕時計型カメラは?デザイン、それとも画質、いや大容量のメモリを搭載したモデル?このように選ぶポイントは何をメインに考えるかで違ってきます、自分の求める機種は何を一番にするか選ぶ5つのポイントをそれぞれ見ていきましょう。

 

2-1.デザイン

何を選ぶにしてもまずは商品のデザイン、見た目が決め手の一つとなります。腕時計型カメラだけでなく、他のタイプのスパイカメラでも同じデザインでありながら、メーカー違いや、同じメーカーでも商品コードの違うものがある。

 

ここで注意したいのが、一目ぼれしたデザインの腕時計型カメラが他にもないか確認することが重要。デザインは同じでも画質・解像度、内臓メモリ、付属装備(赤外線ライト、動体検知機能、繰り返し録画、AC電源対応など)、の違いがあるのでよく確認しないで購入すると、あとであっちの方が高性能だった、価格が安かったと後悔することになることもある。

 

デザインに関して言えば、大きく分けると2タイプ。一つはステンレスのケースとバンドを使ったデザインのクロノグラフ風の腕時計型カメラ。スーツにも似合うのでビジネスシーンでも使えるのがいい。

 

もう一つはカジュアルシーンを意識したタイプでベルトはラバータイプで水に強くアウトドアで活躍しそうなクロノグラフ風のデザインが魅力。他には革ベルトを使ったものもあるのでデザインは好みで選ぶといいでしょう。

 

2-2.画質・解像度

スパイカメラを選ぶとき多くの人が高画質モデルを選びます。低画質よりも高画質の方がいいですね。ただし高画質になるほどメモリの容量が必要となるのでどこまでの解像度が必要なのかで違ってきます。

 

例えば撮影した動画を最新の高画質テレビで再生するなら、迷わず最高レンズ品質(2017/10/30現在)の1296p(2.3K)がおすすめです。そこまで必要がないならHD720pまたはフルHD1080pでも十分な高画質です。

 

ただ最高画質の機種を選んでおけば、1296p、1080p、720pと画質を選択できるようになっているものが多いので後々後悔しそうなら最新機種の1296p(2.3K)がおすすめ。

最新の2.3Kはこの3タイプ

スパイダーズX (W-706)

スパイダーズX (W-707)

(匠ブランド ゾンビシリーズ)『Z-W016』

 

2-3.動体検知機能or音検知機能

腕時計型カメラにはあれば便利な付属装備を搭載した機種がある。動体検知機能、音感知機能、繰り返し録画、外部電源。これらの機能を全て搭載した機種もあるが、一部の機能しか搭載しない機種もある。

 

どの機能が必要なのかで選ぶ機種も違ってくる。動きを感知して自動撮影を求めるなら動体検知機能を装備した機種、音で反応して撮影を開始させたいなら音検知機能モデルがおすすめ。ただし動体検知機能はその機能の特性上、腕時計型カメラをテーブルなどの上に置いた状態で使う場合に限られる。

 

また動体検知機能と繰り返し録画の機能がセットになっていればメモリの消費を抑えることができるのでおすすめ。

 

動体検知機能と音検知機能を搭載したハイスペックモデルの最新機種と人気機種はこちら

スパイダーズX (W-706) 動体検知機能

スパイダーズX (W-704) 音感知機能

スパイダーズX (W-702)動体検知機能

 

2-4.赤外線ライト

腕時計型カメラで0ルクスの暗闇を撮影したい!そう思ったら迷わず赤外線ライトを装備したものを選ぼう。赤外線ライトには不可視ライトと可視ライトがあり、前者の方は人の目では見えない光、後者は肉眼で見えるのでスパイカメラには不可視タイプがおすすめ

 

文字盤部分に装備された赤外線ライトは2灯や4灯のものがあり、基本赤外線ライトの数が多いほど強力になる。ただし腕時計型カメラの場合、本体の大きさが小さく赤外線ライトも超小型のものが埋め込まれているので、ライトの照射距離は0.5m~1m程度と思っておこう。

 

長距離にあるのもや、部屋全体を照射して撮影することは不可なので、短距離1m以内にあるものを照射したい場合に限られるので間違いないようにしたい。
もし長距離が撮影したいなら照射距離の長い赤外線ライト付き スパイカメラを選択しよう。

 

赤外線ライトを搭載した最新機種と人気機種はこちら

スパイダーズX (W-704) 赤外線ライト

スパイダーズX (W-702)赤外線ライト

スパイダーズX (W-780)赤外線ライト

 

2-5.内臓メモリ容量

腕時計型カメラは商品の大きさ、形状から基本、内臓メモリーを採用している。ひと昔前は8GB、16GBが主流となっていたメモリーも最新機種では32GBが主流となってきた。高画質映像への対応とユーザーからのもっと長時間の動画保存に対応してほしいと言う声を製品化したもの。

 

内臓メモリーのメリットは本体を購入したら、microSDカードを別途購入する必要がなく、届いたら即使えるので初心者でも使い勝手がいい。

最新の32GBモデルはこちら

(匠ブランド ゾンビシリーズ)『Z-W016』

スパイダーズX (W-707)

スパイダーズX (W-706)

パイダーズX (W-704)

 

3.まとめ

スパイカメラの中でも腕時計型カメラは人気がある機種となっているので、定番人気モデルから最新の機種まで幅広くラインナップされています。

 

どれがいいか迷ったら、最新機種を選べば間違いないでしょう。

 

腕時計型カメラは複雑な文字盤を巧みに利用してカメラレンズが仕込まれているので、スパイカメラであることがばれにくくカモフラージュ性が高いので普段使いができるので、何かあったときにぱっと起動させて撮影していることをばれずに撮影ができるのでとても便利なカメラです。

 

今回は腕時計型カメラを選ぶポイントを紹介しましたが、最新機種と他の機種をよく比較してあとで後悔しないようにお気に入りの1本を見つけて下さい。

SNSでフォローする