スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

スマートウォッチ型カメラが新しい!これが最新トレンド!

スパイダーズX W-705

今までにない新しいトレンドを取り入れた「スマートウォッチ型カメラ」。腕時計型カメラとは全く違う風貌が新時代を感じさせるスマートなデザインが魅力である。

そんな最新の腕に装備するタイプのスマートウォッチ型カメラはどのような使える「スパイカメラ」としての素質があるのか、詳しく機能を解剖して行こう。

 

 

1.スマートウォッチ型カメラはどんなスパイカメラ

まずパッと見たそのデザインがスマートでカッコイイ。ただ腕時計型カメラのような豪華さはない。ここは好みが二分するところではないでしょうか。
そんなスマートウォッチの本体上面は光沢のあるブラックで、そのパネルの端の方、中央にカメラレンズが仕込まれている。パネルは「時計表示」等もなく、液晶画面になっているわけでもない、ダミーのパネルとなっている。

ここが少々安っぽく感じるところではあるが、価格からすると妥当でなないかと思う。腕時計型カメラの1/2程度の価格なら納得感もある。

 

2.デメリット

スマートウォッチ型カメラは、AndroidスマホやiosのiPhoneと連動するスマートウォッチをデザインしたものですが、まだまだ市販されているスマートウォッチも種類が少なく、スパイカメラとしてカメラであることを隠して、このウォッチ型を知り合いの前で使うのは少々デメリットがある。

目新しい形状なので「見せてほしい」と言われることも考えられる。腕時計型カメラの場合なら万が一見せてと言われても、時計機能が付いているので比較的安心ですが、スマートウォッチ型カメラは、液晶画面もなく、時計機能もないので「見せて」と言われると思わず拒否したくなる。いや絶対見せない方がいいと思われる。

このようなダミー的要素が強いスパイカメラは、このカメラだけに限ったことではなく、「見せない」、「見せることがない」場面や場所で使うのが望ましい。

 

例えばこのスマートウォッチをランニングするときに腕に付けるなら全く違和感なく、使えるのではないかと思う。

 

3.製品特徴

スマートウォッチ型カメラの特徴として、シリコン製のリストバンドが外せること!カメラ部分の本体とバンドが分離できることで、腕に汗をかいたりしてバンドが汚れても洗えるのが嬉しい。しかし、この本体が外せるスマートウォッチ型カメラ「バンドが洗える」ことよりも、もっと違う使い方ができそうである。

腕時計型カメラのようにバンドが外せないカメラは、腕時計型カメラとしての用途以外は使えないが、このスマートウッチ型カメラは少し違う、バンドから外した本体は、まるで「トイデジのような風貌」である。
バンドから外した本体のサイズは、約22×52×13mm(横×縦×厚み)と超小型カメラになる。これは、1つで2つの顔を持つスパイカメラとも言えるだろう。

使い方は、あなたの工夫次第だが、小型でブラックボディなら、テレビやオーディオなどの家電、テレビボード、本棚、などの家具の目立たないところに隠すように置けば、自宅や部屋の防犯カメラにもなる。

腕に着けて持ち運び、自宅に置いて監視カメラ。こんな使い方もできるのが素晴らしいカメラです。

 

4.外部電源機能で長時間の監視カメラに!

腕に装備して持ち運ぶことに特化させたスマートウォッチ型カメラだが、リストバンドから外した本体にACアダプターでコンセントに接続することで目立たない小型監視カメラにチェンジする。またAC電源に接続すると「自動で録画」をしてくれる。
大容量microSDカード32GB対応により、長時間のデータの保存も可能になる。

 

5.スペック

スパイカメラのスペックとしては「標準」範囲内の性能でる。フルハイビジョン1080Pに、フレームレートは~24FPSとごく普通だ。静止画に関しては、一回の撮影で3枚連写機能を備えている。
標準機能とは言っても、このスマートウォッチ型カメラは、価格が安いだけに全体としてはお得感があるのではないだろうか。

各操作を「バイブレーション」で知らせてくれる機能はありがたい。スパイカメラのようなカメラでのよくある失敗事例の中に「録画スイッチ」が押せていなかった、という初歩的なミスをこのバイブレーション機能が防止してくれるでしょう。

他、詳細なスペックは以下の通り

【1】細部まで鮮明な映像の撮影が可能!1920×1080高精細なFullHD画質を実現!
【2】写真撮影は1シャッターで3枚連写!連続撮影機能付きで手ぶれ軽減の安心機能!
【3】レンズの向けられない場所や暗がりで本領を発揮するボイスレコーダー付
【4】手元を見なくても動作確認ができるバイブレーション機能!
【5】外部電源機能搭載。充電しながら録画はもちろん、写真や録音もOK!
【6】記録データの確認・移動・消去も、専用ケーブルでPCに直接つなぐだけ!
【7】着脱式!フリーサイズの調整リストバンドは本体から外して洗えるシリコン製
【8】大容量microSD32GBメモリー対応でフルハイ映像をしっかり保存

【製品機能】
・動画撮影
・静止画撮影(3枚連写)
・ボイスレコーダー
・バイブレーション機能
・外部電源機能
【動画ファイル】1920×1080px
【静止画ファイル】2560×1440px
【フレームレート】〜24FPS
【最低被写体照度】1.0Lux
【視野角】約50°
【内蔵マイク】新高性能マイク
【メモリー】非内蔵
【対応メモリー】microSDカード8GB〜最大32GB対応
【インターフェイス】USB2.0
【稼働時間】録画:〜約2時間
※初期フル充電時のバッテリー性能の目安です。
※お客様のご使用環境により変動します。
※バッテリー稼働時間は理論値であり稼働時間を保証するものではありません。
【製品サイズ】本体:約22×52×13mm(横×縦×厚み)
ベルト:16×265mm(幅×全長)
【重量】約29g
【防水】本体:非防水(ベルトは本体から外して洗えるシリコン製)
【対応OS】Windows 10/8.1/8/7/VISTA/XP(動作確認済
【バッテリー】リチウムイオン充電池
【充電方法】USBバスパワー/ACアダプター(別売)

 

6.まとめ

ぱっと見た感じの第一印象は、斬新でカッコイイ。そんなスマートウォッチ型カメラ、W-705のキャッチフレーズに「注目度No.1のスマートウォッチ型」とあるが、本来、スパイカメラは目立つことがデメリットになる。
そこの部分をよく理解した上で使うなら問題ありませんが、何か問題があったときの「証拠」撮影や録音をするときは、腕に着けていると目立つというところを認識した上での利用をしましょう。

⇒スマート型ウォッチが気になる方はこちらスパイダーズX W-705

 

スパイカメラの通販ならこのショップがおすすめ

スパイカメラおすすめショップ

 

SNSでフォローする