スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

見たら欲しくなるモバイルバッテリー型カメラの人気の魅力とは

今、隠しカメラの中で特に人気のあるモバイルバッテリー型カメラ。種類も豊富で搭載される機能も高性能とあれば一つは持っていたくなる、そんなモバイルバッテリー型カメラの魅力について今回は焦点をあてて紹介してきます。

モバイルバッテリーが普及してきた背景にはスマートフォンの登場が大きく影響している。そこに目を付けたスパイカメラ業界、モバイルバッテリーにカメラを仕込ませた商品を販売以降その人気はうなぎ上り、今最も熱い隠しカメラの機能面、使い方、人気モデルを一気に紹介します。

 

1.モバイルバッテリー型カメラのここが魅力

モバイルバッテリー型カメラにはいくつかの魅力がある。性能面ではスパイカメラの中でも上位に入る高性能ぶり、また赤外線ライトや暗視補正機能などあると役立つ機能も標準のように搭載されている。もちろん充電機能も備わっている。そんなモバイルバッテリー型カメラの最も魅力ある機能を紹介しょう。

 

1-1.カモフラージュ性が抜群

モバイルバッテリー型カメラの一番の魅力はやはりカモフラージュ性でしょう。スマホやiPhoneを持っている方ならモバイルバッテリーを使って充電したことのある方は多いだろう。鞄などに入れて手軽に持ち運びができ、スマホの充電がなくなってくると外出先で充電ができる。

 

いつも使う人にとっては、モバイルバッテリーを忘れたりしたら大変、持っていないと不安になるのではないでしょうか。そんなモバイルバッテリー型カメラだからこその魅力がある。それは人前でいつもどこでも使えること。そもそもスパイカメラや隠しカメラのように“カメラであることを隠して使う”そんなモバイルバッテリー型カメラを人前で使うには「ばれない」ことが条件になる。

 

そんな条件もモバイルバッテリーなら録画しながら充電なんてこともできる。だから知り合いでも他人でも、人前で堂々と使っていても違和感がない。それこそがこのカメラのスゴイところだ。外観のクオリティもさすがとしか言いようがないほどうまく作られている。

 

1-2.長時間録画&稼働にすぐれている

隠しカメラは、監視カメラや防犯カメラの代用として使われることが多い。そんな時、長時間録画ができるか、できないかで使い道が分れる。なぜなら短時間しか録画できないようなカメラでは、防犯カメラとしての役割が半減してしまうからだ。

 

しかしモバイルバッテリー型カメラでは、機種にもよるがバッテリーだけで最大で連続録画が24時間に対応している機種がある。他にも18時間や12時間と長時間録画に対応した機種が揃う。これだけの稼働時間をAC電源なしで対応できるのだから素晴らしい。自宅でなく外出先でも長時間に対応できるので使い方でかなり役立つスパイカメラとなるでしょう。

 

2.使い方

バッテリー型カメラの使い方は特に難しいことはない。写真撮影と動画撮影がボタン1つで簡単にできるので初心者でも扱いやすい。ただ撮影には少々慣れが必要な点もある。その辺も詳しく紹介していこう。

 

2-1.アングル確認は慣れが必要

一般的なカメラと違い、レンズを覗いたり、モニターを見ながら撮影するカメラではないので、撮影したい場面のアングルを上手く捉えるのが初心者には難しいでしょう。何回か使うと慣れてくるが、ある程度どの角度でどのあたりまで撮影できるのか撮影前に検証しておくことをおすすめします。

 

なぜならいざ撮影したけど肝心なところが全く撮影できていない、顔が撮影できずに足だけ映っていた。そんなことがあるからだ。後で後悔しないようにしっかりと撮影前のアングル確認の練習をしておこう。

 

上手く撮影する自信のない方でも大丈夫、スマホでアングル確認ができる機種があります。専用アプリをスマホまたは、iPhoneにダウンロードすることで、スマホで操作ができるようになります。撮影からアングル確認、動画の再生までできる便利な機種があるので初心者でも安心して使えます。対応機種については後ほど紹介していきます。

 

スパイカメラはアングルをいかにうまく操作するかが成功と失敗を分ける鍵となります。モバイルバッテリーカメラを使いこなして「証拠」をガッチリつかみましょう。

 

2-2.人前での使用に気を付けたいこと

人前で隠しカメラを使う時の注意点として「カメラであることがばれないこと」これは当たり前のことではあるが、上手く使わないととんでもないことに発展することになることがあるので使う時は十分な注意が必要です。

 

もしもあなたがパートナーが浮気している疑いがあるときの証拠、DVを受けていてそれの証拠や、ベビーシッターや介護士の虐待の疑いがあるときの証拠を押さえようと隠しカメラを使っていてそれが相手や対象者に撮影していることが「バレた」らとんでもないことになると思いませんか。

 

自分や家族を守るためにしたことがさらに状況を悪化させる可能性もあるので、使用には気をつけましょう。特に人の前で直接使うようなときは慎重に撮影うしましょう。

 

3.人気モデルはこれ

モバイルバッテリー型カメラは人気のある商品ですが、その中でも特に人気のある機種を紹介していきます。人気のあるモデルはそれなりに高性能でああったり、見た目がスマートなことや、便利な機能があったりと人気があるだけの理由があります。その理由も交えて売れ筋のモバイルバッテリー型カメラを紹介していきます。

3-1.長時間録画ベスト3

モバイルバッテリー型カメラはほとんどの機種が機能面では高性能なため、長時間録画ができるタイプに人気が集中しています。AC電源に繋がない状態、バッテリーだけで連続録画が10時間以上可能な機種を紹介していきます。

 

・長時間録画24時間タイプ
匠ブランド『Giga-Voltage』(ギガボルテージ)

この機種はバッテリー容量が6000mAhですが、バッテリーのみで稼働時の連続録画時間がスパイカメラでNo.1です。スマホなどの外部機器へのチャージにも対応。外観のデザインもモバイルバッテリーらしい風貌でカモフラージュ性も兼ね備えたデザインとなっている。

 

・長時間録画18時間タイプ
スパイカメラ スパイダーズX (A-603)

このスパイダーズX A-603hはバッテリー容量が10400mAhと大容量で連続録画時間は約18時間となっています。バッテリー容量が大きいのでスマホなどの充電をする際にも十分な対応能力があるのが特徴。また外部メモリーもmicroSDXC128GBに対応と長時間の録画に対応した仕様となってる。このメモリーで動画なら16時間分の保存が可能となっているので連続18時間録画対応にも対応している点はNo.1機種といえるのでなないだろうか。
・長時間録画12時間タイプ
スパイカメラ スパイダーズX (A-602)

この機種は上記2機種と比較すると連続稼働時間では劣るもののバッテリー容量は6000mAhと大容量で外部機器の充電もしっっかりとできる仕様となっている。スパイダーズS A-602の最大の特徴は他の2機種とは違い、外部メモリーSDカードへの「上書き録画をしない」ことが特徴です。これは録画したデータを上書きによる損失を防ぐための対策です。

 

上記2機種についてはSDカードへの上書き録画をするため、使う方の利用環境によって機種を選ぶことをおすすめします。

 

3-2.スマホで操作ができる機種

スマホでスパイカメラが操作できることはとても便利です。モバイルバッテリー型カメラを設置して離れた場所からスマホの画面を見てアングル確認はもちろん、録画ONの操作や撮影した動画の保存、再生までできてしまいます。アングル確認をスマホの画面でしていれば撮影の失敗最小限に抑えられるので初心者でも扱いやすいスマホ対応カメラです。
匠ブランド『PowerSlate』(パワースレート)

他にも無線LANルーターと接続し、このバッテリー型カメラを自宅に設置しておけば外出先からスマホの画面で自宅の様子が確認できます。Wi-Fiと無線LANを活用することで使える場面も広がります。スマホ対応のスパイカメラはとても便利なカメラです。

 

4.まとめ

モバイルバッテリー型カメラはいつも身近に持っていられることで使える範囲の広いカメラです。外出先でスマホの充電ができる点も見逃せない便利な点です。モバイルバッテリー型カメラ以外にもスパイカメラの機種は多種類あり、それぞれのメリットがありまうが、今最も熱いモバイルバッテリー型カメラ。ひとつも持っていると便利で、一度使うともう手放せなくなるかもしれませんね。

 

スパイカメラの通販ならこのショップがおすすめ

スパイカメラおすすめショップ

 

SNSでフォローする