スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

小型カメラの高画質基準!選び方と最新高画質モデルおすすめ

小型カメラで撮影するなら高画質モデルがおすすめです。撮った動画は綺麗な方がいいと誰もが思っているとことです。しかし高画質動画は映像がキレイ、顔や風景がきれいに見れるというメリットだけでなく、高画質によるデメリットも把握しておく必要があります。

 

ここでは小型カメラの高画質についてメリットとデメリットを詳しく解説、また最新の高画質おすすめモデルを紹介していきます。

 

1.最先端の小型カメラの高画質はどこまできた

小型カメラの高画質、その基準は?液晶テレビならひと昔前ならHD(ハイビジョン)1440×1080ピクセルが主流でした。画質は画面の解像度で決まります。よりきめ細かい方が高解像度、高画質となるわけですが、液晶テレビの分野ではHD(1440×1080ピクセル)→FHD(1920×1080ピクセル)→4K(3840×2160ピクセル)→8K(7,680×4,320ピクセル)まで販売されています。

 

ハイビジョンからフルハイビジョンが主流となり、現在(2018年)では4Kが主流となっています。補足として4K、8Kが意味するのは横方向の解像度1000を1キロ(1K)として数えることで4Kなら3,840px=約4,000で4K、8Kなら7,680=約8,000で8Kと呼ばれています。液晶テレビの解像度はこれぐらいにしてここからは小型カメラの現状を見ていきましょう。

 

 

小型カメラでは少し前まではHDとFHDが主流でした。しかし近年、2016年ごろからFHD(1920×1080ピクセル)を上回る解像度の2.3K(2304×1296ピクセル)が登場

 

さらに2017年にはついに3.2K(3200×1800ピクセル)が登場。小型カメラの画質もここまできました。

 

小型カメラでは現在(2018年)でも多くの機種がFHDですが、確実に高解像度化に進化しています。3.2Kでは液晶テレビの4Kには若干劣るものの、素人では違いが分らないほど高画質になっているのは間違いありません。

 

2.小型カメラの高画質そのメリット・デメリットとは

小型カメラで撮った動画、高解像度で画質がきれいであれば、人の顔や風景などよりきめ細かな映像で見るときにも、証拠となる動画もメリットは大きいと言えます。

 

なんでもそうですが綺麗に見える方が良いですね。しかし高画質は良いことばかりではありません。ここでは小型カメラが高画質になることによるメリットとデメリットを紹介していきます。

 

2-1.高画質のメリット

小型カメラが高画質になると以下のメリットがあります。

  1. 撮ったもの(人の顔や背景)がくっきり綺麗に見える
  2. 証拠映像としてのクオリティーが上がる

小型カメラが高解像度になることで撮った動画を大画面の液晶テレビで見ても綺麗に観れるメリットは大きいですね。3.2Kなら4K対応の液晶テレビで見ても見劣りしません。

 

また小型カメラで撮影した動画が高解像度となることでより鮮明な映像が保存できることで、いろいろな問題やトラブル時の証拠映像が「証拠映像」として人物の顔もハッキリ・クッキリ残せるので大きなメリットとなります。

 

2-2.高画質のデメリット

小型カメラが高画質になると以下のでデメリットがあります。

  1. メモリ容量が大きい

高画質、高解像度になるほどメモリ容量が大きくなるので小型カメラに内臓メモリ、またはmicroSDカードの容量が少ないと撮っている最中に動画が保存できるなくなる、または上書き保存(対応機種のみ)されることになります。

 

3.2K(3200×1800ピクセル)のような高解像度になると小型カメラも大容量のメモリ対応になっているので、確実に必要な動画を保存したいなら32GB、64GBの大容量メモリを用意する必要があります。

※メモリを内臓している機種、外部メモリを使う機種、対応GBを確認しておく必要があります。

 

 

3.小型カメラの高画質おすすめ機種はこれ

小型カメラの主流はまだFHDとなっていますが、その中でも数種の機種に高画質(2.3K・3.2K)の高解像度対象商品があります。ここでは小型カメラの最先端機種のおすすめを紹介していきます。

 

3-1.高画質2.3kカメラおすすめ

まず紹介するのはFHD(1920×1080ピクセル)よりも高解像度で綺麗な動画が撮れる高画質2.3K(2304×1296ピクセル)を紹介します。

 

2.3Kは3.2Kと比較すると解像度では劣るもののメモリが抑えられて、しかも高画質としてのメリットがあります。FHDと3.2Kの中間に位置する高画質小型カメラのおすすめはこれ。

 

腕時計型カメラ2.3K

スパイダーズX (W-707) 2.3K

 

 

スパイダーズX (W-706) 2.3K

 

(匠ブランド ゾンビシリーズ)『Z-W016』

 

ペン型カメラ2.3K

スパイダーズX (P-122)2.3K

(匠ブランド)『Jounalist-2.3K』(ジャーナリスト2.3K)

 

3-2.高画質3.2Kカメラおすすめ

現在(2018年10月現在)小型カメラの最高画質3.2Kの高解像度を誇る3200×1800ピクセル)を紹介していきます。とにかく画質は綺麗な方がいいという最新高性能機種が好きな人におすすめです。

キーレス型カメラ

スパイダーズX (A-205) 3.2K

 

 

 

4.まとめ

小型カメラもここ数年で性能面だけでなく、画質も大きく進化してきました。どこまでの画像クオリティーを求めるかは個々で違ってきますが、観る映像は綺麗にこしたことはありません。

 

高解像度によるメリット・デメリットを理解したなかで自分の用途に合った最高画質を選択するのが望ましいでしょう。もはや2.3Kも3.2Kも十分すぎると言える高画質化ですが、人が求めるクオリティーはとどまることがないように思います。

 

小型カメラのように特殊なカメラで撮影した映像「証拠映像」なら人の顔が確実にキレイに撮れた方がいいのは誰もが思うことです。小型カメラの高画質機種、あなたも手に入れてみてはどうでしょうか。
 

スパイカメラおすすめショップ
SNSでフォローする