スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

メガネ型カメラ レンズが見えない待望のスパイカメラが登場!!(匠ブランド)『SPEye Insight』(エスピーアイ インサイト)

匠ブランドから最新のレンズが見えないメガネ型カメラが登場。人気のメガネ型カメラは多数発売されているが、今までメガネ型カメラの課題でもあったフレームに仕込まれた超小型のレンズを目立たない工夫がされてきた。

センターレンズ仕様、サイドレンズ仕様がありどちらもフレーム全面にレンズのピンホール穴があり、その穴を目立たなくするために、サイドレンズ仕様では、デザインで穴をカモフラージュしたものや、カモフラージュ用の穴を空けて目立たなくしたり、またフレームに模様をプリントしてレンズを隠したり工夫されてきた。

 

しかしどうしても見た目に違和感があり、カメラレンズが付いていることが〝ばれる・見える〟が問題で人前で使えるレベルではなかった。

 

今回発売されたメガネ型カメラSPEye lnsight エスピーアイインサイトは、フレームに内蔵されたレンズを全く見えないようにした完全レンズ不可視モデルとして登場。
これからメガネ型カメラの購入を検討しているあなたには、ぜひおすすめしたいカメラである。※2015年頃からこのようなレンズは目立たなモデルが他にも販売されている。

 

メガネ型カメラは一番目立つ顔に装備して、普通のメガネのように見せかけて動画や画像撮影を行うため、メガネ本体は目立たないことが1番のカモフラージュとなる。
人から離れた位置から撮影するのであれば、さほど問題ではないが、目の前に人が近づくことが想定される時は、やはりカメラのレンズが完全に見えない方が安全であることはいうまでもないでしょう。

 

このような隠しカメラ、カモフラージュカメラと呼ばれる特殊なカメラはその特性上、目立たせない、見せないが目的のカメラである。ゆえにいかに不自然さがないかという点に重点を置いて機種を選択することが重要となる。
このメガネ型カメラの見えないレンズは、不自然さを最小限に抑えた究極のメガネ型カメラであることは間違いない。

1253673-02こちらの新登場のカメラのスペックは

 

・動画撮影:超高画質フルHD 1920×1080px
・写真撮影:4032×3024pixel
・フレームレート:30FPS
・実効視野角(水平)動画:約60°写真:約50°※視野角は実測による。
・動画フォーマット:AVI
・圧縮記録方式:M-JPEG
・メモリーmicroSDカード8GB装着済 ※最大32GBまで対応・Class10推奨

 

 

メガネ型カメラはハンズフリーで撮影ができるため、とても便利なカメラです。

【スパイカメラ(匠ブランド)『SPEye Insight』(エスピーアイ インサイト)

SNSでフォローする