スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

監視カメラも管理するiPhoneで“スマートホーム”を実現AppleがiOS 8に搭載

映画で見た未来への加速化が進む?皆が夢見てきた世界へと加速している。

tm_1406wwdc2041_02ソフトバンクから登場したpeppr(ペッパー)くん。こん なロボットが発売されるとは・・・まさに未来SFの世界がやってきた感があります。このようなロボットが発売されることで未来像が見えてきたのではないで しょうか?映画で見た場面、例えば「アイロボット」のような未来。ロボットが1家庭に1台いてあたりまえの未来も近いかもしれません。私はこのようなロ ボットは大歓迎です、他のメーカーからも登場して競争することで、ロボット界の高性能化が加速することを願います。

ペッ パーくん、大したことはできないでしょう。でもこのようなロボットを必要としている人は大勢いると思います。高齢化が進み孤独なお年寄りが増える中、1人 暮らしの方のコミュニケーションを主とした、人間とふれあうロボットです。これといった役だつロボットではないけど、きっとあなたを笑顔ししてくれる存在 になるでしょう。進化が進み現状の価格帯で2足歩行のロボットが登場することを願います。

tm_1406wwdc2041_03そんな未来への期待が持たれる新機能がApple社からも登場する。

Apple社の次世代モバイルOS「iOS 8」には、新機能が追加されることで話題となっている。iPhoneやiPadから家の鍵や照明、監視カメラなどをまとめて管理できる「HomeKit」機能が追加される。

Apple社は6月2日(現地時間)、米サンフランシスコで開催中の開発者イベント「WWDC 2014」の基調講演にて、次期iOSである「iOS 8」の新機能「HomeKit」を発表した。

HomeKit はiOS 8を搭載したiPhoneやiPadから、家の鍵や照明、監視カメラ、サーモスタット、各種プラグやスイッチまでもが管理できるようになるスマートホーム 機能。家庭内にはさまざまな機器があるが、それをHomeKitのAPI(ソフトウェアの機能を外部から簡単に利用できるようにするインタフェース仕様) を導入することにより、iOS 8からワイヤレスでセキュアな一元管理と操作が行えるようになる。

tm_1406wwdc2041_04iOS向け秘書機能アプリケーションのSiriとの連携機能も備えいる。、例えば「寝る」と話しかけると、照明を落とし、家の鍵をかけ、ガレージのドアを閉じるといった一連の操作を自動化することも可能になる。

Siriも使えば便利だが、実際使っている人は少ないように思う。だがこうした連携機能が相乗効果となり、Siriの活躍の場も増えそうな気がする。

技術の進歩で便利になった反面、犯罪も増加している。こうした社会で自分や家族の身を守るための機能、監視カメラとして使えることはストーカーや嫌がらせ、空き巣などの被害防止になることを期待したい。

 

SNSでフォローする

コメントを残す

関連記事
No articles