スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

スマホやタブレットで使えるネットワークカメラが新登場!

アウトドア対応 ネットワークカメラ
プラネックスコミュニケーションズからアウトドア対応のネットワークカメラ『カメラ一発! アウトドア CS-W80HD』が8月18日に発売された。
ネットワークカメラAmazonにて購入できるので気になる方は要チェック。
販売価格は49,800円

カメラ一発! アウトドア』は、アウトドアへの設置に対応した、防水・防塵タイプのネットワークカメラだ。
このカメラの特徴は3ステップの簡単接続!
ネットワーク機器の知識や複雑な設定は不要ない。

無料の専用アプリを使って、外出先からリアルタイムに映像を確認できる。
対応機器は、iphone、Android、ipad、Kindle、Windowsだ。

通常、このような機器の接続には、パソコンにドライバーをインストールしたり面倒な接続作業が必要となるが、このカメラ一発 CS-W80HDは難しい
ネットワークの設定や、登録など必要がなく簡単に接続できるので初心者にも安心だ。
無線LANで接続する場合はWPSボタンで、有線LANの場合はLANケーブルで現在使用されているブロードバンドルーターに接続後、専用アプリ『カメラ一発』で
同梱されているカードに記載されているIDとパスワードを入力するだけで準備完了の簡単設定。

iphone版、Android版スマホ&タブレットアプリはFREEでiphone、ipad版はAPP Atoreで公開、Android版はGoogle Playで公開、Kindle版はAmazonアプリストアで公開中だ。
いずれも『カメラ一発!』と検索すればOKだ。
画面の大きいiPad向けにユーザーインターフェースをカスタマイズしたアプリ(カメラ一発!HD)が提供される。
ipad版

ipad版は4画面対応だ。
離れた場所や外出先からでもリアルタイムな映像を確認することができるのはもちろん、細かな設定までパソコンを使わずに行うことができるのが特徴だ。

Windows版パソコン向けWindows版のアプリケーションは、プラネックスコミュニケーションズのホームページで公開中。
Windowsパソコン専用のアプリケーションを使えば、最大36台のカメラの映像を一画面で表示できる優れものだ。
従来のセキュリティシステムは高価で、導入に踏み切れずにいた店舗や事務所などの経営者には嬉しい商品だ。
(※パソコンやネットワークの状況により36台同時にモニタリングできない場合もあるので使用環境で動作するか事前確認が必要)

メモリーカードスロットル動画の記録の取り出しが簡単なmicroSD/microSDHCメモリーカードスロットを製品底面に搭載、常時録画の他にスケジュール録画や動体検知したときの映像をメモリーカードに保存することが可能だ。最大32GBのmicroSDHCカードに対応しており、約96時間の録画ができる(画像圧縮方式:H.264、解像度:640×480ピクセル、フレームレート:30fps、動画品質:標準の場合)遠隔地からでも撮りためた映像を確認することができる。

搭載されている機能のスケジュール録画や動体検知機能を使えば、メモリーの節約もできる。
スマホやタブレットで映像が確認できるネットワークシステムは店舗だけでなく一般家庭の玄関先や裏口などに取り付けて、仕事や外出中などに出かけ先から
リアルタイムで自宅の様子が確認できるのは安心だ。

犯罪が増加する現代社会に対応する監視カメラは、1家に1台、店舗に1台は設置して防犯に役立ててもらいたい。

SNSでフォローする