スパイカメラの選び方と隠しカメラ最新情報-長時間・高画質・高性能・赤外線・使い方・隠し方・暗視・遠隔操作・WiFi・リモコン・防犯・証拠・DV・セクハラ・悩み

始めよう防犯対策-自宅編!皆で防犯意識を高めよう~

防犯対策:自宅編

防犯対策?うちは田舎の一軒家だから「大丈夫だよ~」なんてことはありません。
いつ、どこの家が狙われるか分かりません。泥棒?空き巣被害に遭った。ストーカーや不審者が自宅の玄関や周辺をウロウロしている。犯罪者は泥棒だけではありません。
泥棒の行動パターンとして、侵入する家の下見です。泥棒は、入りやすい家なのか、留守なのか、家の周り死角になる植木や塀などがあるかなどを確認するために自宅周辺をうろついたり、大胆な泥棒では留守かどうか確認するためにインターホンを鳴らして留守宅かどうか確認するものもいます。

しかし玄関先や、自宅周辺に防犯カメラが設置されていたり、ホームセキュリティーが整っている家は避けるでしょう。泥棒もそこまでバカではないでしょう。
100%敬遠するかといえば、そんなことはありませんが、防犯カメラなどを設置するだけで泥棒が侵入するのを避ける確率は高くなります。
最大の防犯対策は、家主が防犯について考えてるかどうかです。今までも大丈夫だったから・・・これからも大丈夫!というような考えは改めて、ぜひ防犯について真剣に考えて見て下さい。

小さいお子さんのいるご家庭や、女性の一人暮らしなどは、特に防犯についてなんらかの対策を取るべきでしょう。
ストーカーや不審者による被害は都会だけではありません。近年はストーカー被害や誘拐などの犯罪も増加しています。日頃から防犯意識を高め、日々心がけることが防犯の第一歩となります。

防犯グッズはいろいろと市販されています。探せば安価なものもいっぱいありますので、探してみて下さい。
まず一番のおすすめは防犯カメラです。高価なカメラでなくても、簡易的な防犯カメラでも十分効果があります。最近の小型防犯カメラは性能もよくなっているので試してみてください。

泥棒などに効果がある監視カメラ、わざとよく見える場所に取り付けて威嚇する。そうすることで〝この家はやめよう〟と敬遠されることに役立ちます。
逆に知り合いによるストーカーや嫌がらせなどは、隠しカメラと呼ばれる小型カメラを気付かれないように設置して動画などを撮影して証拠の収集を行い、警察に相談することで犯行の事前防止お図ることもできます。

カメラを設置すれば絶対に防げるというものではありませんが、設置していないご家庭よりは、間違いなくカメラを設置しているご家庭の方が防犯面では有利になります。

他にもさまざまな防犯グッズがありますので、自分で取り付けができるものから始められるものをおすすめします。

SNSでフォローする